ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税のデメリット

総務省のふるさと納税のページ

ふるさと納税には税金の控除や税金の使い道の指定、そして特産品といったお礼をもらえるなどメリットが満載です。
しかし、メリットがあればデメリットがあることも事実です。

 

ふるさと納税にはどんなメリットがあるのでしょうか?
そしてそのデメリットはどれだけのレベルのデメリットなのでしょうか?

 

単刀直入に言えば、これはメリットに比べれば大したことがないデメリットであると言えます。
というのも、確定申告を行わなければ住民税や所得税の控除が受けられないので、確定申告を必ず行わなければなりません。
ふるさと納税を行うと、その自治体から証明書が送られてくるためその書類を使って確定申告を行うことになります。
その確定申告の手間が1つのデメリットと言えるわけです。
ただ、確定申告は年内に数回も行うものではないので、そこまで面倒臭い、手間がかかるというものでもないでしょう。

 

そしてもう1つ。
それが、控除額についてです。
自治体にふるさと納税に納付した額のうち、全額が控除にはならないということ。これがデメリットとなります。
とはいえ、自分が負担する額となるのは最低で2000円ということになり、そこまで高額な額ではないので、大きなデメリットということにもならないでしょう。

 

1つ1つはそれなりに面倒だったり自己負担があったりと、デメリットと言えるものかもしれませんが、それに伴い得られるメリットがかなり多数ありしかも1つ1つがデメリットよりも大きく重いのでそこまでデメリットを重要視する必要はないでしょう。

 

ふるさと納税の本当のメリットとは?

ふるさと納税のデメリット

ふるさと納税を利用する際の最大のメリットはやはり2000円以上のふるさと納税を行った際には、住民税の1割が住民税から控除されるというものです。
これは住民税だけではなく、所得税に関しても控除されることになるということも忘れてはいけません。

 

また、他にもたくさんのメリットがあることも忘れてはいけないポイントです。
生まれ故郷でなくても、今住んでいる場所でなくてもふるさと納税を行っている地方公共団体のある場所であればどこにでも納税できるという点や、また納税することでその地域の特産品をもらえるというメリットもあります。
各地域でその地域の名産品・特産品を納税を行った後にお礼として贈ってきてくれます。
何をくれるのか、どの程度のものをくれるのか?というのは、その地域や納税額によって変わってくることがありますが、中には納税した金額と同程度、またはそれ以上のお礼を受け取ることができる地域もありますので、最近ではそれを目当てにふるさと納税を積極的に行っている人もいるくらいです。
特産品だけではなく、その地域の宿や公共施設の宿泊優待券などをもらえることもありますので、まずは何がもらえるのか調べてから納税してみるのも良いでしょう。

 

そしてもう1つ、ふるさと納税には大きなメリットがあります。
それが“税金の使い道を選ぶことができる”という点です。
税金というのは皆さんも知っているとおり、自分で使い道を選んで納税することはできません。
住民税や所得税、消費税など、日々暮らしの中で支払っている税金は私たちが自分で使い道を選ぶことができず国が使うものです。
ですが、ふるさと納税で納めた税金はその使い道を選ぶことができるのです。
同じ市町区村だとしても、その中で自然環境保護のために、地域の施設改善のためになど使い道を指定して納めることができるのです。
それであればその地域の自分が指定した部分が改善されたり活動が行われているのを確認すれば“自分が支払った税金が使われている”ということを実感できるわけです。
これも忘れてはいけないふるさと納税の大きなメリットなのです。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税とは?

 

最近よく耳にするようになった“ふるさと納税”という言葉ですが、このふるさと納税という制度が、かなり世間に広まっているかと思いきや、その意味をきちんと理解している人はまだまだそう多くはありません。

 

言葉のイメージから受ける印象で、“今は離れて暮らしている故郷に納税する”というものだと思っている人が多いようなのですが、実際にはそうではなく、義務的なものでもありませんから、もっと簡単に噛み砕いて言えば、“寄付”ということになります。
ただそれを、募金箱に入れる寄付という形ではなく、“税金”という形で行うのがふるさと納税なのです。

 

また、このふるさと納税は上記と同じくイメージから自分の出身地にしか行えないものだと思っている人もいるようですが、それも間違いであり、ふるさと納税は自分の故郷以外でも行うことができます。
全く行ったことがない場所でも、ふるさと納税は行うことができるのです。

 

ただ、ふるさと納税は一種の寄付だといいましたが、税金として寄付を納めるということで、自分の住民税の一部を使うことになるということを忘れてはいけません。
本来納めるはずだった住民税の一部を、他の市町区村でふるさと納税の制度を行っている地方公共団体に納めるという形になります。
つまり、ふるさと納税を行うことで、住民税を納めていることになるわけです。
ただし、納付したふるさと納税の全てが住民税控除の金額になるわけではないなど、利用するには詳細を調べてあらかじめ理解しておく必要のあるものでもありますので、必ず先に調べて理解してから利用しましょう。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税で食費を節約?!

ふるさと納税の中で1番お得感を実感できるのが“お礼に送られてくる特産品”ですが、それと同時に納税額が控除されるという点も忘れてはいけません。
この控除額というのは、年間で最大600万円までということになります。
ふるさと納税も、一応2000円までは自己負担が必要になりますが、その後は全て税金控除の対象額となります。
つまり、最低負担金額の2000円から控除上限金額600万円までの599万8千円までの間であれば、納税しながらお礼を受け取ることができるので、つまりは納税しながら食費を節約できてしまうということになるわけです。

 

最近では自分が思い入れのある地域や故郷を想ってのふるさと納税以外にも、このお礼を目的にふるさと納税を行う人が大勢います。
地域側も納税を求めてこういったお礼を展開しているので、“お礼を目的にふるさと納税する”というのは何も悪いことではありません。
お米や野菜、お肉や魚介類など、本当に様々なお礼が用意されています。
上手に地域を選んで納税し、そしてお礼を受け取ることで家計の助けになってしまうわけです。

 

また、食費全てを節約するのではなく嗜好品であるお酒代(ビールやワインなどをお礼にしている地域もたくさんあります。)を節約するという目的を持ってふるさと納税を行うなどという形をとっても良いでしょう。

 

ふるさと納税にはこういった家計を助けるお得な利用の仕方もあるので、上手に利用して家計の節約をしてみるのも良いのではないでしょうか。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税の一連の流れ

ふるさと納税をしたい!と思っても、そのやり方がわからなければアクションを起こすことはできません。

 

ふるさと納税をするには、まず自分がふるさと納税をしたい市町区村を決めるところから始めます。
各市町区村によって、納税の仕方というのが変わってきますので、ふるさと納税したい市町区村が決まっていれば、ホームページで納税の仕方を調べます。
すぐに納税ができるところもありますし、事前にふるさと納税を行うという申請・登録を行う必要のあるところもありますから、前もって調べること・確認することが重要です。

 

その後、ふるさと納税を行うと市町区村から納税を証明する書類が送られてきます。
書類といっても、要は“領収書”です。
納税が完了したことを知らせるためのものでもありますが、これは後ほど確定申告を行う際にも必要になるので、届いて確認した時点で捨ててしまってはいけません。
これを捨てると、住民税や所得税の控除が受けられなくなるので注意してください。
インターネットにて確定申告を行う場合には、領収書の添付は必要ないことになっていますが、それでもその後3年間保管を義務づけられているので、絶対に捨てないようにしましょう。

 

その後、時期がきたら確定申告を行ってふるさと納税に関する手続きは全て終了となります。
ちなみに確定申告の時期は、前年の1月1日から12月31日の分は翌年の3月15日までに済ませることになっていますので、前年の早い時期にふるさと納税を行った人は、つい忘れてしまうこともあります。
必ず忘れないように確定申告にてふるさと納税を行ったということを証明しましょう。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税を行う上で、注意しなければならない点がいくつかありますので覚えておきましょう。

 

まず何よりも忘れてはいけないのは“確定申告を行うこと”です。
2000円以上のふるさと納税を行うことで、その1割が所得税や住民税から控除されることになるのですが、それもこれも全て“確定申告があってこそ”であることを忘れないようにしましょう。
確定申告をしなければ控除もされないことになりますので注意が必要です。
また、それと並んで注意したいのが上限額です。
ふるさと納税に上限額はありません。
ですが、控除される金額自体には限度額がありますので、納めれば納めるほど、上限なく所得税や住民税が控除され、最終的には所得税や住民税を支払わなくても良いということにはなりませんので気をつけましょう。

 

また、ふるさと納税を行うことで地域から受け取ることができる特産品や名産品を始めとしたお礼ですが、これは基本的に“1年に1回”までが受け取り限度となります。
つまり、毎月納税したとしてもその都度お礼がもらえるわけではありませんので間違えないようにしましょう。
稀に、年間数回までお礼を受け取ることができる地方もありますので、納税の都度お礼が欲しいと思うならそういった地域を探してみると良いでしょう。
また、“あの地域のあの名産品が欲しい”と思っても、季節などが関係して思うようにもらえないこともあり、期限が決められていることもありますので、その辺りも地方公共団体のホームページを確認しておきましょう。
ちなみに、自分が住んでいる自治体にふるさと納税を行っても、これはただの納税になってしまうために、特産品がもらえないことが基本となりますので注意しましょう。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税で今1番注目を集めている都道府県はずばり“鳥取県”です。
というのも、現在ふるさと納税においてお礼を発送するという形式をとっている県は47都道府県中23あるものの、ほとんどの県が納税額1万円に対して大体高額でも5000円程度のお礼となっています。
そんな中、鳥取県は1万円のふるさと納税に対して何と7000円ものお礼を発送しているのです。
つまり、2000円が自己負担となっているため、実質的には5000円分プラスされたお礼を受け取っていることになります。

 

種類も非常に豊富で、特に人気なのは“日野郡産こしひかりと鳥取牛カレーセット”という商品です。
これは、コシヒカリが10kgと鳥取牛カレーのレトルトパウチが3袋セットになったもので、このカレーがとても美味しいと評判で話題になっているものです。
また同じカレーでは“鬼太郎の好きなビーフカリー&ポークカレーセット”というものも人気があります。
こちらは、ビーフカレーの中辛と辛口が4袋ずつに、更に甘口のポークカレーが3袋ついているもので、辛さが3種類あるため家族で楽しむことができるという理由で人気を集めています。
上記のどちらも、1万円以上3万円未満のふるさと納税でもらうことができる商品のうちの2つで、現在その2つを含め全部で49点の中から選択することができようになっています。

 

また、それだけではなく3万円以上6万円未満の納税の場合にももらえるお礼が数多あり、“鳥取県の美味しい酒 日本酒・焼酎・梅酒6本セット”や、“大山乳業農協の牛乳・乳製品など8品デザートセット”といった豪華なお礼が用意されています。
また、3万円以上6万円未満では期間限定で松葉ガニをまるごと1枚というお礼を選択することもできるようになっています。
ちなみに、カニに関しては11月から12月、1月半ばから3月までの期間限定とされているので注意してください。
また、6万円以上10万円未満の納税を行った場合は松葉ガニが2枚もらえることになっています。

 

このように、鳥取県のふるさと納税のお礼は他の都道府県と比べてもかなりお得感が満載になっています。
初めてのふるさと納税で、特に納める地域が決まっていないのであれば、まずはお得な鳥取県から・・・というのはいかがでしょうか?

 

鳥取県ふるさと納税サイト

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税に関しては、それぞれの自治体によってお金の納め方というのが変わってきます。
中にはクレジットカードで支払いができる市町村もあれば、Tポイントカードで支払いが可能という市町村までありますので、様々な支払い方法を選択できる市町村を選択してふるさと納税を行うというのも良いでしょう。

 

とはいえ、ひとえにクレジットカードが使えるといっても、通販サイトで買い物をしたときのように番号だけ登録すれば勝手にカードから支払いが済まされるという市町村だけではありません。
クレジットカード番号を専用の紙に記入したものを郵便で送りそれを使って市町区村がふるさと納税の金額を受け取るようになっているので、ネットショッピングのような手軽さで納税できるところが全てというわけではないのです。

 

また、Tポイントカードでの支払いは、Yahoo!公金支払いができる市町区村で利用することができるのですが、更に便利なのはそのTポイントカードのポイント残高が足りない場合にはそこにクレジットカードを補足して支払うことも可能となります。
ただし、Yahoo!公金支払いの場合は、最低でも5000円以上のふるさと納税を行わなければなりませんので、注意しましょう。
このTポイントに関しては、ただポイントで支払うことができるだけではなく、ふるさと納税のお礼としてポイントをプレゼントしてくれる市長区村もあり、ふるさと納税を行うのであればTポイントカードを持っていたほうが便利になることもあります。

 

現金を振り込むなどの支払い以外でもこのような支払い方法があることを知っておくと便利です。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税のお礼にもらえる名産品は、基本的にはその土地でとれる、または作られている有名な食品や野菜、果物魚介類などです。
ですが、全国でふるさと納税を実施している市長区村がたくさんあるからこそといえるちょっと変わったお礼もあります。

 

例えば、北海道紋別市にふるさと納税で1万円以上の寄付を行うと、いくつかの候補の中から選んで欲しいものを受け取ることができるのですが、そのうちの1つに何と“オホーツク海の流氷”が含まれています。
紋別市では、アザラシの保護環境を整えるためにふるさと納税で納められた税金を使っていることなどもあり、海でとれた海産物だけではなく、食べることはできないけれど一種の名物ともいえる流氷をお礼用に特別に切り出して発送しているということです。

 

実際には、ふるさと納税に対して受け取った側の市長区村が“何かお礼をしなければならない”という決まりはありません。
納税を行ってそれに対し市町区村がお礼を送ってきてくれるのはあくまで善意であり、義務ではありません。
何も名産や特産がないという市町区村もないのですが、やはり中にはゲームソフトを送ってきてくれたり、Tポイントを贈与してくれる市町区村があったりと、先ほどの紋別市とは違った意味で“何故これを?”と思われてしまうところもあることにはあります。

 

現状、ふるさと納税という制度において各市長区村ができる限り自分たちの自治体に納税をたくさんしてもらえるようにと、一種の客引きとして始めたのがこの“お礼を送る”という行為になるという考えが1番論理的となりますが、これが各自治体がお礼を掲げて納税を募るという1つの“競争”になってしまっているというのも事実です。
その地域の特徴を生かした名産品で、ちょっと変わったものをお礼として送るならともかく、どこでも手に入るようなものをお礼に使う市長区村が増えてくるなどし、このままこの競争が加熱していくようであれば、今後この制度についても総務省が何かしらの変更を加える可能性もあるとされています。

2014/06/11 07:59:11 |

ふるさと納税を行うことによって受け取ることができるお礼の特産品や名産品は種類が非常に豊富です。

 

食品を挙げるとしても、お米、野菜、果物、魚介類、お酒や麺類、スイーツ、ご飯のおかずになるようなものなど本当に様々なものがあります。

 

市町区村で自分たちの地域で有名な、そしておいしい食品をお礼として納税してくれた人に送る特産品として送ってくれるわけです。
送ってくれるものは、納税額に応じて変わるようになっていますが、中にはご当地ゆるきゃらのグッズや、その地域にある旅館の優待券やレジャー施設の優待券・招待券などといったものもくれることがあります。
極端に高額な寄付を行った場合、何とその1日町長や市長などの権利をもらい、色々な施設の視察や旅館での懇親会などにその市町区村の長として出席できることが“お礼”とされている地域もあったりします。

 

各市町区村でバラエティと機知に富んだお礼を用意しており、納税する側からしても自分が欲しいものをお礼として送ってくれる地域を選んだり、珍しい体験ができるからとその地域を選んだりということができるわけです。

 

普段であればなかなか入手することができないご当地野菜や果物なども、ふるさと納税を行うことによって味わうことができるという点でも、ふるさと納税を行う市町区村を自分が食べたいもの、食べてみたいものを基本として選ぶことは重要だと言えます。

 

ふるさと納税は、自分の故郷ではなくても行ったことがない何の繋がりもない場所にでも行うことができるということを上手に利用して、納税し所得税や住民税の控除を受けながらお礼にもらうおいしい食品を味わう楽しみを得ましょう。